のあ石けんの手作り作業

手作りのあ石けんの 成型・型入れ作業

-のあ石けんは、米のとぎ汁を利用したEM菌発酵液と、EM菌セラミック
を使って、手作業にて、石けんを作っています。
写真のように、型に入れて、成型をします。

一般的にEM石けんは、泡が立たないことが多いと良く聞きますが、
のあ石けんは、自然の原料で作っていますが、泡が立つので
油汚れは抜群に落ちて、手が荒れないんです。

のあ石けんの型入れ
のあとちからの調理場では、食器洗いに、のあ石けんを
使用していますので、河川を汚さず環境に良いのはもちろん、
手も荒れずに、冬場の洗い物も重宝しています。
換気扇や、調理場の壁の油汚れも抜群です。

その他の使い方に、靴下や、袖口、襟口など
衣類の予洗いや、靴洗いにも、良く落ちます。

下記の場所で販売しています。
使ってみてくださいね。

販売先 就労継続支援A型 のあ(循環レストラン のあ)
糟屋郡宇美町貴船2丁目39-1
092-933-8851

就労継続支援A型 ちから(季節料理 千嘉良)
筑紫野市上古賀3丁目1-1
092-922-3818

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA