筑紫野市子ども食堂運営委員会 みんなの食堂

筑紫野市「子ども食堂運営委員会」より「子ども食堂」から「みんなの食堂」へ名称変更のご案内

よか隊では、H28年8月4日より、子育て支援の一環として
筑紫野市子ども食堂運営委員会の事務局として、
また、子ども食堂の場所の提供、野菜や食材の寄付等の
ボランティアとして、運営にかかわってまいりました。

1年間、かかわってきたところで、本当に市民の為に
なっているかどうか、ボランティア交流会にて
子ども食堂にかかわる、地域のボランティさんとの
協議のすえ、「こども食堂」から「みんなの食堂」
に名称を変更することに致しました。

H29年 9月1日より、
「子ども食堂」より「みんなの食堂」に
名称が変わります。

システムとしては、この図の通りです。

筑紫野市 みんなの食堂 利用方法

子ども食堂から「みんなの食堂」に名称変更

名称変更の理由として

子ども食堂の名称では、貧困のイメージがあり
足を運びにくい。

高齢者の孤食対策も兼ねている為筑紫野市の子ども食堂は
どなたでも利用できるのですが、子ども食堂の名称では子どもだけが
対象に思われがちである。

ボランティアは、男女、年齢問わず参加できるのですが
地域に認知されにくい。地域のコミュニティーの発展に
もっと貢献していきたい。など、たくさんの意見が挙げられた。

どなたでも、利用でき、地域で子どもを育むコミュニティー
活性の為に「みんなの食堂」に名称を変更することになりました。

 

今後とも、筑紫野市「みんなの食堂」を
よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA