みんなの食堂 のボランティアとコミュニケーションの能力の向上

みんなの食堂のボランティアを通じて、子ども達のコミュニケーション能力の向上に効果

みんなの食堂(筑紫野市)に毎回お手伝いをしている子ども達は
最近、店員さんみたいに、作業出来るようになってきました。
毎回、ボランティアにくる子ども達も、地域の大人に囲まれ
育まれており、大人とうまくコミュニケーションを取れるようになりました。

小学校のうちから、学校以外の社会経験を経験することは
今後、中学、高校、大学、就職とさらに社会経験を積む過程において
コミュニケーションの能力の向上に有意義に働くと思います。

みんなの食堂のボランティアと子どもたちのコミュニケーション能力の向上

昔は、地域と大人と子供のこどものふれあいがたくさんありましたが
最近は、めっきり少なくなりました。
ちくしの子ども食堂運営委員会(みんなの食堂)は、地域でこどもを育む
子どもの居場所つくりとして、食堂を通じて、こどもたちの社会経験を積み、
コミュニケーション能力の向上を目的として、運営されています。

ボランティア 1時間すると、食事が無料で食べられます。
働くと対価が得られることを子どもたちが知るんです。

とても良い経験になりますので、ぜひ、ボランティアに
応募くださいね。

ボランティアは、予約が必要ですので、
事務局 092-922-3818 福永までよろしくお願い致します。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA